体を癒してくれる

インド大陸の伝統的医学として広く知られているアーユルヴェーダは、生命や生気といった言葉と知識や学という言葉が合わされた複合語なのです。 健康の増進や若返り、病気の治療や予防といった医学的な面もあります。 しかし、それ以外にもより良い生活を送るための知恵や幸福な人生とは何であるのかといった哲学的な概念を、追求する奥の深いものでもあるのです。 アーユルヴェーダは医学の分野では、古典でも現代でも8つに分類されています。 アーユルヴェーダの治療方法で、特に有名なのが薬物療法と補助療法のマッサージです。 マッサージは、特有のオイルを使用することでも有名になっています。 ベースには、温かいゴマ油が使用されますが、皮膚に浸透しやすく発汗作用が促進され新陳代謝も良くなります。

アーユルヴェーダのオイルマッサージは、定期的に行うことで効果が高まる施術なのです。 日本では、よく知られていない部分もあって最近まで知られていませんでした。 最近では、アーユルヴェーダを取り入れてオイルマッサージをしてくれるサロンも増えてきたのは、喜ばしいことです。 時間のあるときには、サロンでじっくりと施術を受けるのが良いでしょう。 しかし、残念ながら忙しい毎日を送る現代人は、頻繁には通えません。 それでも毎日続けることが、心と体をベストコンディションに保てることになります。 自身でやるセルフマッサージも効果が出るので、オイルを用意して挑戦してみましょう。 自宅でやるのなら、入浴タイムを利用するのが賢明です。 精神面と身体面に効果があるとされている、スカルプマッサージは毛髪ケアにもなるのでオススメです。